MISSION

“社会の無関心を打破する”

社会課題が解決されないのは”なぜ”?

リディラバは、社会課題が解決されない理由は

「人々が社会に対して関心を持っていないから」だと考えています。

社会課題は、その課題の抱える人たちだけでは解決されない、

だからこそ一人でも多くのまだ”関わりのない”人たちが課題に対して、

関心を持って解決に取り組む必要があると考えています。

社会課題が解決されない構造の根元にある

「社会の無関心を打破する」ことをリディラバは目指しています。

Ridiloverの仕事は 

課題の現場への”道作り”

リディラバはスタディツアーの企画・運営をする旅行会社です。
しかし、リディラバがやりたいと思っていることは「旅行を作ること」ではありません。
リディラバの考える社会課題が解決されない理由である「社会の無関心の打破」を成し遂げたい。
そのために「旅(スタディツアー)」を通して「社会課題」を知ってもらうこと、
自分ごととして考えてもらうことを仕事にしています。

​スタディツアーを中心とした事業内容

メインのコンテンツはスタディツアーですが、そのツアーの提供先によって事業部が分かれています。
一般向け
自治体向け
地域課題協働事業部
学校向け
教育旅行事業部
企業向け
法人営業本部
メディア
カンファレンス
もっと見る

「大学生だからできない」という学生は、よくいるけれど、僕はこの言葉は好きではありません。僕自身、リディラバを立ち上げたのは大学三年生の時です。

 世の中ではいろんな人が「学生」という言葉をいい風にも悪い風にも使って大学生のみなさんを翻弄するかもしれません。ですが、みなさん自身が「大学生だから」ということを言い訳にしない限り、リディラバには学生という枠にとらわれず自分のやる気次第でいろんなことに挑戦できる環境が整っています。

あなたも、世の中を変える一端を担う人になりませんか?

一緒に「社会の無関心を打破」しましょう!​

代表よりメッセージ 

リディラバ代表 安部敏樹

​STORY

インターンには、スタディツアーの企画、WEBページの作成、募集、当日運営など様々な関わり方があります。ここでは実際のインターン生の声を紹介します!
 

、​社会課題だけではない

リディラバの入り口

私立大学文系4年
城守大輔​ (教育旅行事業部)

​好きなことで挑戦できる環境

​私立大学文系4年
田村空(メディア事業部)

かっこいい大人に囲まれて

​国立大学文系4年
鈴木哲平(法人事業部)

人生の価値観を大きく変えられた出会い

​私立大学理系2年
堀内まほろ(地域協働事業部)

インターン募集要項

以下の募集項目を確認の上、ご応募ください。 
ご応募後の流れは、申し込んでいただいた事業部によって異なりますので、
別途ご案内させていただきます。 

ご応募は下記エントリーボタンよりお願い致します。

インターン募集人数:若干名

応募資格:新大学1-4年生、新大学院生

※定員に達し次第締め切らせていただきます。


注意事項 :エントリー後、1週間をすぎても弊社からの連絡がない場合、お手数ですがその旨をお問い合わせください。
お問い合わせ先:下記「お問い合わせ」から必要事項をご記入の上お問い合わせください。

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now